安心の店舗を選ぶポイント

スマホの修理

総務省のお墨付きの有無

正規店に依頼すると高額になるのが、iphoneの修理。液晶割れであれば、2万円から3万円もの費用がかかってしまいます。気軽な修理は難しいため、液晶が割れたままiphoneをお使いの方も多いことでしょう。しかし、街のiphone修理屋さんに依頼することで費用を大幅に抑えられます。街のiphone修理屋さんの場合には、液晶割れであれば5000円から1万円ほどしかかかりません。学生でも気軽に支払える費用であるのは、非常に嬉しいポイントです。それでいながら修理品質は高い上に、安心の保証が提供されます。修理後に万が一不具合が生じても、無料で再度修理が可能です。その上、修理にかかる時間は、30分から1時間ほど。スキマ時間を使い液晶割れを直せるため、忙しい方も安心です。どの店舗に依頼するかは、たった2つのポイントを比較するだけ。1つは、登録修理業者制度に登録されている店舗であるか。もう1つは、正確な見積もりを提示してくれるか。総務省が導入した登録修理業者制度に登録されるためには、厳しい審査をクリアしなければなりません。つまり、登録されている店舗であれば、安心のサービスが提供されることを意味します。また、追加料金が発生しては、不満が残ります。事前にいくらかかるかを1円も違わず提示してくれる店舗であれば、追加料金の心配がありません。診断や見積もりは無料となっているため、まずは気軽に店舗を訪れてはいかがでしょうか。

Copyright© 2018 これだけはチェック【iphoneの機種毎に液晶修理料金は異なる】 All Rights Reserved.